トップ 当院のご案内 在宅ケアについて 在宅ホスピスについて 採用情報

在宅ホスピスについて

在宅ホスピスとは

在宅ホスピスケアとは末期の患者様とその家族を住宅で極力痛みや苦しみを除去し、患者様の移行に沿ったケアを継続的なプログラムを持って提供していくものです。受託ホスピスケアは治療のためではなく、症状緩和に重点を置き、人生の長さよりも質を重視しています。

在宅ホスピスケアという選択肢

病院ではプライバシーがなく自由が利きません。
又、延命治療には苦痛を伴うことが多いです。在宅ホスピスケアは正しい告知を行い、患者様が残された時間を有意義に過ごすことのできる選択肢のひとつです。疼痛コントロールや姑息的な治療が終われば自宅に帰っていただき、今まで生活してきた環境・関係のなかで最期を過ごしていただきます。

在宅ホスピスケアの条件

インフォームドコンセント(IC)の原則は患者の権利を保護するものとして普及した。基本的には

(1)医療者は医療情報を適切に提供する。
(2)患者はこれを理解し、選択して、実施を医療者に委ねる。
(3)このとき強制や操作がない、ことである。

当然、在宅ホスピスケアで最期を迎えることを自分で決定する場合でも同様のことが必要不可欠である。

末期患者様とそのご家族の方が、現在の病気の予後、すなわち、必ず悪化して最期を迎えるのだという認識が不可欠です。本人・家族の希望を十分考慮して目標を設定し、限られた時間の中で医師、看護師、家族、ヘルパー、全員が協力し調整していく患者様をサポートしていく必要があります。在宅医療側は24時間対応で訪問を行い、病院と連結して治療を行っていきます。
在宅医療に関するお問い合わせは
数尾診療所数尾診療所
内科・外科・在宅ケア・在宅ホスピス
072-955-4768072-955-4768

アクセス

地図地図

Googleマップ

■近鉄藤井寺駅から徒歩10分
■駐車場あり駐車場はC・D・Eにお止めください。

数尾診療FaceBook